スタジオ・キャットキック

広告・販促の企画・コピーライティングを手掛ける五十畑裕詞と、猫作家・イラストレーターの梶原美穂が所属する会社です。http://www.catkick.com/

マーケティング

某大手印刷会社 展示会配布用マーケティング小冊子 by五十畑

「コレ、一生忘れないだろうなあ」 この案件の、終了直後に思ったこと。それくらい、内容も進行も感慨深いものがありました。 肝心の内容ですが、クライアントは某大手総合印刷会社。当社がいつもお世話になっている会社で、近年は非印刷系案件も増えている…

スローガン/キャッチフレーズ/タグライン の違い

今日依頼を受けた新規案件は、某企業の某サービスのタグライン開発。この言葉、少しずつ浸透してきているようだが、一時期の「ブランド」や「インサイト」とおなじで、定義づけが曖昧になっているような。実際のところ、どうなのだろう。スローガン/キャッ…

「若者のもの離れ」対策異業種会議(宣伝会議2014年12月号) by五十畑

若年層を対象にした商品のプロモーションを企画したり制作物を手がけたりする機会は決して少なくないのだが、必ず迷うのがメディアプランニング。オンライン中心の構成を考えてみても、どこかスッキリしないことになる。だが、今回の記事を読んでかなり納得…

広告/マーケティング関連の書籍を2冊ほど購入

日々精進、ということで、仕事のお勉強のために2冊ほどポチりました。2冊ともちょっと古めなのですが、内容はまったく色あせていない…はずです。 1冊目は、博報堂の軽部拓氏が十年前に書いたもの。先日、宣伝会議セミナーで話を聞き、興味を持ったので買って…

adidas runningのシリーズ広告 〜社会貢献の先に利益がある、のかな by五十畑

最近、adidasが展開しているランナーをターゲットにしたシリーズ広告(https://www.facebook.com/adidasJP?fref=photo)。私、週末ランナーなので興味深く見ております。3枚とも、PCの壁紙にしたいですね。ちょっと小さいのでムリなんですが。 広告・販促業…

宣伝会議の「マーケティング実践セミナー」体験講座に参加しました by五十畑

講師は博報堂コンサルティング局の軽部拓氏。講義あり、ディスカッションあり、発表あり、と、とても有意義な90分でした。 講座終了後は、Spiralで開催中の「ジ・アートフェア +プリュス-ウルトラ2」を覗いて来ました。現代美術が中心ですが過激な作風は少…

本田哲也/田端信太郎『広告やメディアでひとを動かそうとするのは、もうあきらめなさい。』by 五十畑

この本、挑発的なタイトルで業界ではかなり話題になっています。田端氏は、リクルートで「R25」を立ち上げ、LINEの仕掛け人としても有名な方。ぼくは知らなかったけど。 第1章では、より多くのターゲットにアピールしたいのなら、マス広告による絨毯爆撃的…

リクルートの東証一部上場告知広告 by五十畑

今朝の日経新聞朝刊に掲載。朝日新聞にも掲載されていました。 上場を告知する場合、通常は「上場しました」「未来に向かって」「大いなる第一歩」みたいな、自分たちはこれからどこに向かうのかをキレイな言葉で奇をてらわずに伝える手法が取られることが多…

森と街を行き来する。 by五十畑

青山通り・コムデギャルソンのビルの二階にある宣伝会議のセミナー会場で、宣伝会議デジタルマガジン読者限定のセミナーに参加してきました。 講師は元博報堂のアカウントプランナー/コピーライター、磯部光毅氏。現在、雑誌「宣伝会議」で「手書きの戦略論…